中部ゴルフ会員権取引協同組合の活動

 
 中部ゴルフ会員権取引協同組合は、経済産業省の認可団体として、お客様、ゴルフ場、組合の三位一体を持って常に"お客様の立場に立った考え方にて"利益の保護、安全安心な取引を第一義に考え構成な組合が集うを実施運営しております。
 お客様のゴルフ会員権の売買、斡旋をスムーズかつ適正に行われるよう日々情報収集し法律税務等の研鑽を積みゴルフ業界の健全な発展を目指し活動しています。
 

 ごあいさつ


中部ゴルフ会員権取引協同組合

 令和2年は新型コロナウイルス感染症に翻弄された1年でした。
 緊急事態宣言による影響で多くのゴルフ場が営業自粛を余儀なくされ、準備を進めていた2020年度開催予定の東京オリンピック・パラリンピックも残念ながら1年延期となってしまいました。

 しかしながら明るい話題として、松山英樹選手の日本人初のマスターズ優勝がありました。またゴルフは3蜜になりづらいのが幸いし、ゴルフ人口(とくに若い人)は増加傾向となっております。
 近年の会員権の動向も、3蜜を避けやすいレジャーとして個人の購入希望が増加し、都心に近いゴルフ場や会員を中心とした運営が行われているコースの会員権は値上がり傾向となっております。
 このブームが一時的なものではなく今後も継続できるよう邁進したいと思っております。

 我々組合員は、お客様やゴルフ場様からの信頼と信用を得る努力を惜しまず繁栄を目指していきたいと願っております。より一層のご協力、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。


 

中部ゴルフ会員権取引協同組合 
代表理事  内 藤 良 宏 

 私達の精神


 1.私達は、ゴルフ会員権売買業の専門家として、
   お客様との信頼維持を忘れずに責任を持ち商取引をいたします。
 

 2.私達は、ゴルフ会員権売買業の専門家として、
   時代に即応した業態を実現するために常に創意工夫し、自らを啓発します。
 

 3.私達は、ゴルフ会員権売買業の専門家として、
   ゴルフ場業界ならびに関連業界と連携し、業界の発展に必要な役割を担います。